CONCEPT

私たちは、海外と沖縄の人的ネットワークを最大限に活用し、
若者の挑戦を通して地域の人々に元気と感動を届け、
地域社会の発展に貢献する

 沖縄県は日本有数の移民県であり、その歴史は1899年から始まります。

 多くの県民が海外へ雄飛し、海を渡った沖縄人やその家族を合わせ、現在約40万人のウチナーンチュ(沖縄にルーツを持つ人)が北米、南米、欧州、アジアなど世界各地に在住しているといわれています。この100年の間に、海外移民があり、沖縄戦があり、戦後何もなくなった時代には、沖縄を復興させようと移民先からは救援活動が始まりました。

 私たちは、それらの戦前戦後の沖縄を支えてきた海外の沖縄県系のネットワークや、沖縄県内の青年ネットワークを最大限に生かし、海外・沖縄県内の若者の挑戦を通して、文化・芸能・歴史の継承や青年活動など地域社会の発展に貢献することを目的として活動しています。

ビジョン

地域に対する若者の思いを最もカタチにするグループ

価値観

・ 感謝の心    ・ 0.1%の可能性に挑戦
・ 本質を追求   ・ コラボレーション

(1)常に感謝の心を持つ
私たちはこれまで、沖縄はもちろん世界各地で多くの方に出逢い、支えられてきました。ビジョンを共にする仲間やビジネスパートナー様、支えてくれる家族や関係者一人一人への“ありがとう”の気持ちを大切にし、感謝を行動で返せるよう努めます。

(2)0.1%の可能性に挑戦する
現状の延長線上に満足せず、社会の変化に常に目を向け、新しいことに積極的に挑戦します。挑戦する精神を失ってしまったとき、私たちの成長はストップしてしまいます。少しでも可能性があればその可能性を信じて諦めず、一人一人が積極的に挑戦することで革新を起こせる集団を目指し続けます。

(3)本質を追求し続ける
本質をしっかり議論せずに形だけ整えようとすると中身が薄くなってしまいます。私たちは「何のためにこの事業を行うのか」と掘り下げて議論することが大切だと考えています。常に「本質は何か」原点を見つめ直し、現状維持ではなく、改善・提案を追求し続けます。

(4)コラボレーションを心がける
1人でできること、10人でできること、100人でできること。私たちは、互の強みを活かして社内や社外でコラボレーションすることにより、新しい価値創造を実現し、より多くの人と感動を共にします。